当クラブの約束

1.週末練習1/4ルール(土日祝のいずれか週1回、半日以下の練習)

週末1/4 ルールとは、週末の2日間を土日でそれぞれ午前と午後の4つに分け、そのうちの1つを野球の活動に使うという考え方です。ず、この1/4ルールというシステムを考案されたのは、つくば市の春日学園少年野球クラブ様です。私は、長時間練習をはじめとした少年野球の旧態依然としたチーム運営体制に疑問を感じている中、偶然Webで春日学園少年野球クラブ様を知り、取り組み内容に大変感銘を受けました。このシステムは徐々に各所で広がり始めており、川崎市でこのシステムを採用したチーム運営をされているブエナビスタ少年野球クラブ様にもご協力をいただき、私も是非このようなチームを設立したいとご相談したところ、両チーム様ご快諾いただき、当クラブを立ち上げるに至りました。

私は旧来型の朝から晩までの長時間におよぶ過度な練習は、子どもの健全な成長を阻害する恐れがあると考えています。短期的(小学生のうち)には成果が出て、大会等で好成績を残せるかもしれませんが、蓄積した疲労で将来的に(高校などで)ケガ等を発生させるリスクをはらむと考えます。また、週末の時間を長時間野球に拘束されてしまうことで、他の習い事やイベントへの参加等が制限され、子どもが多様な経験や新しい価値観に触れる機会を奪ってしまいかねないと思っています。

2.罵声や高圧的な指導を完全禁止

子どもたちに対して恫喝するような指導が未だに根強く残っています。罵声からは何も生まれません。ただの言葉の暴力です。子どもは萎縮するだけで、その場の状況や、その子どもの行動が好転することはありません。また、野球では「ミスをすると罰を与える」指導方法が過去から現存しており、日本ではプロの世界でさえ罰走等の文化が残っています。

当クラブでは、罵声や上から目線の高圧的な指導を完全禁止とします。また、ミスに対して何か罰を与えることもしません。指導者は、ティーチングではなく、コーチングを実践できる人材を揃え、子どもが自ら考え実行できるよう促す指導を実践します。そもそも、野球は基本的にミスのスポーツです。ましてや、小学生の野球ではエラーが頻発するのは当たり前です。小学生のうちは、ミスからどんどん学んでいければ良いと考えています。ミスを指摘するのではなく、良いところを褒める、ミスが発生した場合は、なぜそうなったのか、選手と指導者が一緒に考えます。

野球を通じて、組織の中でいかに自分の役割を見つけ、自らの意思で、自らが考え、自ら行動できる人間を育成することを目指し、指導にあたります。

3.野球を「楽しむ」

近年、東京23区内においては、野球禁止の公園が多く、気軽に野球やキャッチボールがができる環境がなくなっています。気軽に野球をやる環境がなく、一方で、ひとたびチームに入ってしまうと勝利至上主義で過度な練習があるため、ハードルの低い遊びの延長線にある野球をやる場所や機会はなかなかありません。

当クラブでは、野球に興味のある子を「野球好き」にして、小学生のうちにしっかり野球の基本を身につけてもらう。故障させずに、中学野球への橋渡しをする。また、大人になっても野球を楽しんでもらえるよう、「やらされている野球」ではなく、「好きだからやる野球」。選手も保護者も野球を楽しめることが最重要だと考えています。小学生のうちは、野球というスポーツを「楽しく」やってくれれば、それで良いと考えています。ドラえもんの、のび太くんたちがやっているような、空き地でみんなでたのしくやる野球を、このクラブで一緒にやりましょう。

4.科学的理論に基づいた指導

子どもの野球指導者のライセンスが体系化されていないため、「自称監督」「自称コーチ」が多いのが現状です。そのような状況では、理論ではなく、どうしても指導者自身の過去の経験や勘による、エビデンスに乏しい指導となってしまいがちです。また、最新の指導方法等のアップデートもされず、時代遅れの古式指導法(主に精神論)が永続してしまう要因となっています。

当クラブでは、コーチングスタッフに公認野球指導者資格(※)の取得を推進し、常に最先端の理論に基づく指導を実践します。
※(一財)全日本野球協会公認野球指導者<U-12>

また、大東文化大学スポーツ・健康科学部の高橋先生と連携し、専門家の最新の知見を採り入れることで、小学生の心身の発達状況を考慮した、成長過程に寄り添ったトレーニングを行います。短い練習時間の中で、いかに効率的に、集中して上達できるか、子どもたちと一緒に指導者も勉強し挑戦します。

5.父母会なし(設立不可)保護者の時間的な負担一切なし

一般的な少年野球チームでは、お茶当番、試合時の送迎配車分担、試合の審判等、保護者の出番が多く、負担が重すぎると感じています。特に夫婦共働きの場合、いくら子どもが「野球をやりたい」と言っても、「貴重な休日を全て子どもの野球のために捧げるわけにはいかない」というのが本音の保護者の方も多いのではないでしょうか。

当クラブでは、父母会なし(設立不可)。保護者の時間的な負担一切なし。飲み物は各自で持参すれば良いですし、指導者はボランティアではなく有償のため、無駄な気遣いやご機嫌取りも不要です。必要なスタッフはチーム側で必要なに人数を用意します。

(練習時の見守り、ケガ等の発生時の手当のため、看護師や保育士等の有資格者を設置予定。[特に、夏場の熱中症対策を万全に]、試合の審判は外部委託、保護者さまの練習ご参加も大歓迎ですが、強制は一切しません。)

6.勝利至上主義の否定

野球の進路利用により、大会で好成績を残すことだけを目指す。「チームの評価=大会の成績=指導者の評価」となっている現状があります。

当クラブは勝利至上主義を否定し、チーム組織としていかに戦略的に戦い試合で結果を出していくかを考えます。子どもたちが楽しくやっていく中で、選手個々の将来を見据えた成長と目の前の試合での勝利、いずれも追い求めていきます。

7.肩、肘のスポーツ障害防止

肩、肘のスポーツ障害防止のため、学年ごとに厳格に投球数を管理し、絶対に一定数以上は投げさせず、肘肩の故障を防止することで長く野球を楽しめるようにします。仮に、トーナメント戦で勝ち進んだとしても、徹底した投球制限により、同じ投手に投げさせ続けることしません。「エースは痛くても我慢して投げるんだ。弱音を吐くな。」なんてことは当クラブにはありません。大人のご都合主義ではなく、長期的な視点で、何が子どもたちにとって幸せなのかを考えます。また、医師等の専門家による肘肩の定期検査を励行する予定です。

8.ロジカルではない声出しは行わない

何故か、野球の世界だけに残っている謎の声出し文化があります。例えば、試合中にベンチから聞こえてくる応援歌や、「あっしたー」(ありがとうございました)「しゃーっす」(お願いします)「オウェーイ」(はい?)等、野球特有の謎めいた挨拶や発声です。

当クラブでは、ロジカルではない(プレー上必要ではない、無駄な)声出しは行いません。また、対戦相手を萎縮させるような声も禁止します。社会では通用しない野球の世界でしか使わないドメスティックな挨拶や儀礼は汎用性がないため教えません。(礼儀を教えないというわけではありません。野球は礼に始まり礼に終わるスポーツです。社会で必要な礼儀についてはしっかり対応する予定です。)

9.活動は休んでも構わない

家族旅行、家族のイベントごとなど、いろいろあると思います。そんなときな気にせずそちらを優先しましょう。野球より大切なこともたくさんあります。また、途中で、他の適性に気づいたら、他の道へ進めてあげることも一考です。子どもにはあらゆる可能性があります。他に興味があることができれば、途中で野球を辞めても全く問題ないですし、正しい判断だと思います。野球の動きが、他のスポーツで役立つことだってあるかもしれません。

一般的なチームでは、昔からの「根性論」的な視点が根強く、練習、試合は休みづらい雰囲気や、休むという行為自体が暗黙の禁止事項になっていることがあります。また、チームを途中で辞めることを是としない雰囲気があります。嫌になってしまっても、他のことに興味が出ても、「一度やるときめた野球は最後まで歯を食いしばってやりぬく」ことを美徳として、子どもに無理を強いるような風潮がありますが、当クラブではこのようなことはありません。

当クラブはそもそも練習の絶対量が少ないため、これまでご説明してきたとおり、短い練習時間の中でいかに効率的に上手くなっていけるかを追求していきます。しかし、週1回の練習でさえも頻繁に休むことになると、なかなか上達が見込めないことは、どうか予めご理解ください。